日本の歴史物語

日本から書いていきます。コツコツアップデートしていきますので、まず宗教関係を中心に。お寺や神社、教会等を巡る上ではやはり知っておいた方がよいです。旅行記で登場した国について、関連ある出来事も追記していきます。史実の発生理由については諸説あるだろうしそれだけでもないなど突っ込みももらいそうですが、とりあえず代表となる理由を決めつけて書いていきます。

World Historyについて

世界の年表を横並びにした全体はこちら

スポンサーリンク

奈良時代(710~794)

741

聖武天皇が疫病や飢饉が絶えないことを憂慮したため、全国の国分寺とその総本山である東大寺の建立を命じる

平安時代(794~1185)

804

最澄と空海が仏教を学ぶため唐に渡る

806

最澄が天台宗の本部とするため比叡山に延暦寺を開く

819

空海が真言宗の本部とするため高野山に金剛峰寺を開く

1175

法然が浄土信仰の広まりを受けて浄土宗を開く

室町時代(1336~1590)

1549

フランシスコ・ザビエルがキリスト教を広めるため鹿児島に上陸する

1628

豊臣秀忠がキリスト教を弾圧するため、長崎で踏み絵を始める

明治時代(1868~1912)

1868

明治政府が「王政復古」「祭政一致」の理想実現のため、神道国教化の方針を採用する。それまで広く行われてきた神仏習合(神仏混淆)を禁止するため、神仏分離令を発した

1890

紀伊大島の樫野埼東方海上で遭難したトルコ軍艦エルトゥールル号を大島村の住民たちが総出で救助と生存者の介抱に当たったためトルコが親日になる

昭和時代(1926~1989)

1945

アメリカがソ連に対して抑止力として原子爆弾をちらつかせるため、そして本土上陸作戦をとらずに日本を降伏させるために原子爆弾を広島、長崎に投下する

平成時代(1989~2019)

2003

日本政府が、発泡酒からも税金を多く足りたいため酒税法を改正する

2004

ビールメーカー各社が酒税法改正の影響を受けないようにするため、ビールと似たような味ではあるものの麦芽以外の原料を使ったり、ビールや発泡酒とは別のアルコールを混ぜてリキュール扱いにするなどした第三のビールの発売を開始する

2006

日本政府が、第三のビールからも税金を多く取りたいため酒税法を再び改正する。その代わりビールに対しては少し減税される。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。