中国茶詐欺@上海

トラブル

わかりにくい中国茶詐欺の手口

2014年8月、ドローンが飛ぶ豫園付近の交差点で中国人の女の子が英語で話しかけて来た。

普通に飛んでるドローン

「写真撮ってもらってもいいですか?私たちで」

どうやら2人組の女の子。もちろん断る理由もないので快諾して写真を撮ってあげたら、他愛もない話が始まった。

「日本の方ですよね?上海は初めてですか?これからどこに行くんですか?」

そんな会話からしばらく色々と会話を楽しんだ。ここに来たのは豫園を観てみたいからだと答えると、そこも素敵だけどもっと面白いところがあるよと教えてくれた。

2人のうち1人が(妹だったか従妹だったか忘れた)が、夏休みで上海に来てるから、文化的で歴史を感じられるセレモニー体験ができるところに行く予定なんだけど一緒に行きませんかと誘ってきた。

しかし、昼食を食べていなくてお腹が空いていたので、まず小籠包を食べに行きたいからごめんねと断った。どこの店だと聞いてきたから教えたら、そこ知ってるから案内してあげると言ってきたのでお言葉に甘えてついていくことにした。

店に着いたら、食べ終わってからでいいから一緒に行きたいと言われた。待たせるのは悪いしあんまり有名じゃないところの観光で時間を使いたくないなとも思ったが、なんだかんだ結構話も弾んだし、そんなに一緒に行きたいなら行ってもいいかなと思い始めていた。

余談だがそのお店、”鼎泰丰(ディンタイフォン)”のメニューを見てひとつガッカリ。店舗一覧が載っていて、東京、横浜、名古屋、大阪、京都・・・と日本に店舗がありまくるではないか…。ここまで来て日本にも展開しているチェーン店を選んでしまうとは・・・”るるぶ”か”まっぷる”か忘れたが大々的にこの店をおすすめしていた旅行情報誌を恨む。

鼎泰豊(ディンタイフォン)店舗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女の子たちはもう食べたからと頑なに何も口にしなかった。

快く写真撮影に応じる女の子たち

 

 

 

 

 

 

 

食べ終わった後、早く豫園に行きたかったが、待ってもらったし、もう一緒に行くしかない状態になっていた。素直についていったら10分程歩いたところで、え?ここ?というようなボロい建物に到着した。どうやらお茶のお店のようだ。奥に通され席に着くとき、女性2人を先に行かせようとしたのに、どうしても自分を中央にして2人が挟むような位置に座らせたがった。そのときは男性を立てる儒教の文化なのかなとか旅行者だからかなとか勝手に解釈してしまった。後から考えるとこの配席は、途中で逃げられないようにするための布石だったわけだが・・・

花が入った華やかな工芸茶

しばらくするとチャイナドレスを着た若い女の人が現れた。そして中国茶の実演が始まった。
中国語で話しているため、連れて来てくれた姉の方が通訳しだした。まず数字を選ばされ、選んだ数字に対応するお茶を試飲しろということだった。ちょうど選んだ数字の回数試飲したような気もする。花が入っているお茶(工芸茶)だとかいう珍し気なものもでてきた。

タイトルとURLをコピーしました