プロジェクトで同じ失敗をしない方法

ビジネス
プロジェクトとは、ある期限内で到達するべきゴールがあり、かつ複数の人が関わるような取り組みをいう。 計画というものは決まってそのとおりに進まない。 途中で炎上しては残業まみれ、休日出勤になったりメンバが心身を壊してしまったり・・・ 人間、頑張れば愛と勇気と根性で何とか乗り切ることはできるが、炎上した理由を分析せずに同じやり方で仕事をしていると次もまた炎上してしまうだろう。 「皆さん、次はこんなことにならないように気をつけましょう。」 とか言うだけならきっとまた同じことが起こるのである。 重要なのは、なぜこうなったのか、問題はどこにあったのか。 今後どうすればよいか。などをプロジェクト関係者で議論する場、 “振り返り”を行うことである。 以下、KPTという進め方を紹介する。

振り返りのやり方

  ここでいうKPTとは、下記3つのことである。

K:Keep(今までやっていて今後も続けたいこと)

P:Problem(問題と思われること)

T:Try(次のプロジェクトで試したいこと) このフォーマットにKとPとTを記入する。
  1. K欄を記入する
    コツ:どんな些細なことでも出す    当人には当たり前と思っていることでも    他のメンバにとっては新しい内容である場合がある。
タイトルとURLをコピーしました