【Windows】マウスがないときに右クリックする方法

昔は、いかにマウスを使わないでPCを使いこなすかを美徳としている人たちがいた。
タッチパッドやトラックポイントで操作するなんていうオチではない。

ショートカットキーなどを駆使し、すべての操作をキーボードだけでやってのけるというポリシーである。

昨今のGUIベースの操作系が当たりまえになる前は、ファイルの移動でさえコマンドウインドウから文字列による命令を打つことでコンピュータと対話を楽しみながら行っていた。

Windows95発売以降でも、Windowsを馬鹿にしながらLinuxなどUnix系のOSを使っていた層はマウスを使いたがらなかったりしがちである。

今となってはそんな変態的な人は見なくなったが、デスクトップPCを使っていてマウスが壊れてしまったときなどに重宝するショートカットキーを紹介する。

右クリックをキーボードから実現するショートカットキーである。

右クリックのショートカットは、“Shift+F10”になっている。

普段使うことはないだろうから覚えるのは難しいかもしれないが、キーボードからでも右クリックができることを知っておいて損はないだろう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。