スイス旅行記~3日目~ユングフラウヨッホ

スイス
氷河の雪原

いきなりユングフラウヨッホへ

登山家の朝は早い

午前6時にアラームをセットしていたが、5:30に目が覚める。
早朝にゴソゴソしだす奴がいて起こされるのがドミトリーあるあるだ。
しかし今日に限ってはこのまま起きたほうがいい。
登山家の朝は早いのである。(登山はしないので言いたいだけ)
今日はグリンデルワルト(Grindelwald)からユングフラウヨッホ(Jungfraujoch)まで登山列車で行くのだから寝てる場合ではない。間違いなく今回の旅のメインディッシュの1つである。

朝ごはんを食べに食堂に出ると、コーンフレークとサラミとハム、チーズがあった。
野菜等がないが問題ない。高物価のスイスで生き残るためにはこういうときに食べられるものを食べていくことが求められる。とうことでがむしゃらにあらゆるものを食らいつくす。

グリンデルワルトでの朝食

腹ごしらえをしたらいざユングフラウヨッホ(Jungfraujoch)に向けて出発!
天気も良くて清々しい。朝日に照らされて雪化粧した山々がキラキラと輝いていたり。

グリンデルワルトの朝

まずはクライネシャイデック(Kleine Scheidegg)に向けて列車で山を登っていく。
グリンデルワルトからクライネシャイデックまではヴェンゲルアルプ鉄道を使う。
途中乗り換えがあるが、チケットはユングフラウヨッホまで買える。
また、ユングフラウ鉄道のチケットはWEBサイトから購入もできる。
最新の時刻表、価格、所要時間をチェックしておこう。

ユングフラウ鉄道公式ホームページ

グリンデルワルトからユングフラウヨッホまでは、CHF190だった。
もちろん前述のSwiss Half Fare Cardを使えば、半額のCHF95になる。
しかし、Swiss Travel Passの場合、無料区間対象外で25%OFFにしかならないので要注意。

早速カバンを失くす

クライネシャイデックに到着したら、同じ駅でユングフラウ鉄道に乗り換える。
標高は2061mになり、いちだんと涼しくなってきた。

ここでひとつやらかしてしまう。

ひとり旅をしまくっているのでさぞかし旅慣れているのだろうと思われることがあるが、全然そんなことはない。不注意から来るトラブルは後を絶たない。

乗り換え時に列車にカバンを忘れてきてしまった。。。

幸いクライネシャイデックは終点だったため、乗り換え待ちの列に向かって車掌が持ち主を探して呼びかけてくれていた。防寒着くらいしか入っていなかったが先が思いやられる…。

ユングフラウ鉄道

こういうとき、どちらの窓が眺めとして当たりなのか非常に気になるところだ。
そして肝心の眺めだが、確か右側が当たりだったかと思う。
登山鉄道でゴンゴン山を登っていく。白い山々がよく見える。
噂に聞いていたアイガーグレッチャー(Eigergletscher)を通る。
スイスベルン州ベルナー・オーバーラント地方の氷河である。

途中、Eismeerという駅で一瞬だけ停車した。
みんなその間に降りてガラス越しに氷河の写真を撮っている。
夏なのに白銀の世界で不思議な感じ。写真を撮ったらすぐに列車に戻った。

タイトルとURLをコピーしました