インドで空港からスラム街に連れて行かれた話

NewDelhi インド
NewDelhi

インド旅行記~1日目~ニューデリーからスピンオフ。
トラブル編ということで切り取ってこちらに記載する。
深夜にニューデリー空港に到着し、翌朝に安宿街へ移動しようとした際のお話である。

怪しげな車に乗ってしまう

何故乗ってしまったのか今でもわからない。このセリフは乗ってしまった人間が異口同音に発するセリフだ。結果的に乗ってしまったのだから言い訳をするつもりはない。

「ハローマイフレンド」

このように声を掛けられたとき、もはや日本語でこう怒鳴っていた。

「なんやアホ向こう行け!!」

そう言い放ったとして向こうへ行くインド人など居ない。

すると日本語でこう話し始めたではないか。

「ワタシは、コレカラメインバジャルイキマス。イッショにイキマセンカ?」

危ない。流暢な日本語で話しかけてくるやつの言うことに素直に従うと99%はろくなことにならない結末が待っている。そんなことは擦り切れるほど読み込んだ地球の歩き方にも嫌というほど書かれている。妙な笑顔も今までで一番胡散臭い。しかし思考回路が麻痺してきていた。何故だかついて行ってみようかなと思い始めていた。

もう疲れたんだ。

メインバザールに行けるならそれでいいじゃないか。

多少のお金くらい払ったっていい。

絶対にそれ以外買わなければよいし最初に約束したお金だけしか払わなければよいだけだ。

・・・危険な考えだった・・・

「どうしてあなたはメインバザールに行くんですか?」

会話を始めてしまった。

「ブレックファーストです。ツイデに乗ってイケバと思ったんデス。」

そうなのか?!こいつ大丈夫かな・・・

「1人10ルピーでどうデスか?」

金取るのかよと思いつつ、後から思えばそんなに安いはずもないのだが、相場もわからないのでちゃんとメインバザールまで行ってくれるんじゃないかと思い始めていた。

ちょっと内々で相談した後、決断する。

「OK、行こう。」

満面の笑みを浮かべるインド人。ついて来いと言われて少し離れた駐車場まで移動すると、これが俺の車だと言いながら白いアンバサダーを見せつけてきた。

ん?運転席に人が居るぞ。

怪しさが120%に達する。

Sは、やめた方がいいんじゃないかと言ってきた。自分もそう思った。そのやりとりを嗅ぎ取ってか、インド人はIDカードのようなものをチラつかせてきた。空港ガイドだから大丈夫だと言う。そんな胡散臭いカードはラミネートでいくらでも自作できるし何の証明にもならない。

乗れ乗れと急かす。

「早く乗れよ!!!!」

何でこいつらはこんなに強気なのか。雨が強くなってきた。駐車場に移動したためずぶ濡れになっている。くそったれ・・・。

「どうしてもう一人いるんだよ! お前が朝飯食いに行くんじゃなかったのかよ!」

「友達と行くんだよ。」

何で俺らを誘う必要があるんだよ。

 

もうどうでもよくなってきた・・・

 

念押しだけはキッチリして流れに身を任せてみよう・・・

 

そう思ってしまった・・・・

 

「これだけは確認させてくれ。ひとつ、絶対に土産屋には連れて行くな!」

「ふたつ、絶対にまっすぐメインバザールまで行ってくれ!」

「みっつ、金は2人で20ルピーしか払わないからな!」

 

大声で念押しする。

車は乱暴に走り出した。ご機嫌取りのつもりか小汚いミネラルウォーターを差し出して来た。もちろん丁重にお断りする。

何やらわけのわからない言葉で会話していやがる。こっちも日本語でSと会話する。

「こいつらやばいかな・・・」

タイトルとURLをコピーしました