インドで食中毒になって病院巡りした話

インド
hospital

夕食後、体調が急変する

インド旅行の2日目早々にして、現地民が食べる庶民のカレーに挑戦した。
正直何かもわからないトッピングをお勧めされるがままに受け入れた。
値段は忘れたが、とにかく格安だったと思う。

インド旅行記~2日目~ジャイプルより

仕上げに暖かいチャイも飲み、満足しながら宿に帰った。

ものの2時間後くらいだろうか、会話するのが辛くなってくる。胸がムカムカして吐き気を催して来た。あっという間に嘔吐の連続が始まり酷い下痢に苛まれる。その時の直感としてチャイが原因だと考えていたが、後からカレーかもしれないと思うようになる。どのみち何が原因だったかなんて特定できない。身体も熱くなり頭も朦朧としてきた。

腹痛・下痢・嘔吐・発熱のコンボである。

Sはおいおいマジか勘弁してくれという感じだ。
急ピッチで病に倒れ、Sの病人レベルを一気に追い越した。

ひたすらトイレとベッドの往復。日本から持ってきたトイレットペーパーがすごい勢いで減って行く。脱水症状にならないように水分摂取を心がけるが身体から水分が全て放出されそうだ。下痢なんだけどもう出ないみたいなミイラ状態。

ベッドに横たわりながら部屋の隅に歩くコオロギや壁を這うヤモリを見つめていた。幻覚ではなく実際に存在する。陰気臭い臭いと湿気にまみれた部屋。しかも蚊だらけなものだから蚊取り線香を炊くのだが、その煙も相まってますます頭痛が酷くなるという最悪のコンディションで眠ることとなった。

耐えきれず助けを求める

眠れない。

深夜、熱と下痢は続く。おさまらない嘔吐にのたうち回る。もう旅どころではない。
いきなりインドのややこしい病気にかかってしまった。(この時は食中毒と思っていない)
上からも下からも壊れた水道管のように水分が出ていく。部屋の臭いが耐えきれない。

雨に濡れた靴下が臭くなったような臭いが部屋中蔓延してる。

もう限界だ。限界すぎる。緊急で医者を呼んでほしい。
このままでは死ぬかもしれない。

眠っているSを横目にそっとドアノブを左に回す。
よろめきながらカウンターの女性に助けを求める。

「助けてください。身体の調子がものすごく悪いんです。」

もう午前3時か4時頃だ。こんな時間に病院にも行けないだろうし病院に連れて行けというつもりもない。ただ、誰かに頼るほかなかったのだ。

そうすると女性は、心配そうにしてくれた。

「わかった。大丈夫なの?部屋で待ってて。」

そう言ってどこかへ行ってしまった。

部屋に戻るとまた嘔吐と下痢を繰り返した。
もうこのまま謎の奇病で死ぬのではないかなと思い始める。

(トントン)

ドアを開けると、ジュラルミンのようなブリーフケースを持った真っ白な服を着ている真っ黒な人間が立っていた。黒すぎて顔が見えないが歯だけが白く光っている。失礼だが怖い。しかしお医者さんが来てくれたということだろうか。こんな夜中にこんなに早く。

男を部屋の中に入れた。

そしてゆっくりと症状を伝える。できれば注射は避けたい。こんなわけのわからないところで針を打ったら何かに感染してしまいそうだ。だがこのままでもやばそうなので何でも受け入れようという気になっていた。さぁ、これから自分はどうなってしまうんだろうか。

ここでSが起きる。わけのわからない状況に慌てふためき飛び起きたようだ。

「誰やお前!」
「大丈夫。
調子悪いの耐えられなくて俺が呼んだんよ」

後で聞くと、強盗かテロリストに侵入され、襲われていると思ったようだ。
あやうくSが殴りかかるところだった。元ヤンキーだけはある。

「そんな(体調)悪いんか。これやからジャク(弱)いやつは困る」

とか言い始めた。

うう・・・確かに最初に空港でSにあった時、「俺はあんたみたいに弱くないから大丈夫」とか言っていた。明らかにちょっと前まではSの方が病人だったはずなのに、こんなにも一瞬で立場が逆転するとは・・・

胡散臭いお医者さんは、胡散臭いブリーフケースを開け、中から胡散臭い白い錠剤を取り出した。何の薬かもわからないし、何故かパッケージがないハダカの錠剤である。

それを一錠差し出して来た。

もう現状打破するには何かしら変化を与えるしかないのでそのままそれを飲むことにした。

Sは恐ろし気にそれを見ながら「やめた方がええって」を連呼指定と思う。

「ええいっ!ままよ!」とにかく勢いでその錠剤を飲み込んだ。

錠剤の効果が出たのか、出すものを全て出し尽くしたからかわからないが、何とか眠りにつくことができた。

カレー恐怖症・食欲不振になる

翌朝、無理をしてでも朝食を取ろうと外へ出た。どう考えても体調は最悪のままであるが、食欲がないからといって食べないと栄養不足で更なる悪化を招くことが予想される。

昨日よりは少し難易度を落として英語のメニューが置いてある店に入る。今思えば英語はインドの公用語でもあるので、英語のメニューが置いてあるかどうかでミーハーな店かどうかを判断するのは的外れだったかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました