高速道路でうんこが漏れそうになった話

トラブル
taxi

taxi@Thailand

 

あれは2012年のよく晴れた暑い日だった。

タイの高速道路を走るタクシーの中での悲劇を記しておく。
陽気なドライバーが運転するタクシーに乗って、僕らはバンコク南方の外れにあるクロコダイルファームに向かっていた。ワニ園と言われるワニが主体となっている有名なB級動物園だ。

 

Samutprakarn Crocodile Farm and Zoo
http://paknam.com/tourist-attractions/crocodile-farm-and-zoo/

 

助手席には僕、そしてMとCが後部座席に座っていた。
ある時、後部座席でCが呟いた。

 

「トイレに行きたい・・・」

 

この時は誰もがこの後の悲劇を予想していなかったので、次にトイレがあったら行きたいので寄ってくれと普通にドライバーに伝えた。僕もMも事態を軽く考えていたのだ。

 

しばらくしてCが再度訴えかけた。

 

 

「やばいかもしれない・・・」

 

 

どうやら大きい方のようだった。

 

Cの雰囲気立ち振る舞いが、だんだん洒落にならない感じになっている。
再度ドライバーに友人がやばい状況であることを伝えるも、ドライバーは陽気に笑っていた。

しかしCは全く笑っていない。
深刻さを察して我々も笑ってはいけないなという空気になってきた。
というのも、なかなかサービスエリアやパーキングエリアがない。
いったいどうなってしまうのか。

我々が狼狽え始めたのを見かねたドライバーが、
「おい、これを使えばいいよ」
そういいながらドライバーが尿瓶的なものを出してきた。

 

馬鹿野郎。「でかい方だよ!」咄嗟にこう叫んでしまった。

 

「ヒーウォンツトゥドゥビッグ!ビッグシット!」

 

ここで初めてドライバーの顔がシリアスな顔になった。
「オーマイガッ」と呟いている。ようやく事の重大さがわかったようだ。

 

Cの顔は見たこともないくらい青白く、滝のように汗が噴き出していた。

タイトルとURLをコピーしました