ロシアでiPhoneを紛失した話

トラブル

携帯が失くなる予感

モスクワ最終日、ドモジェドヴォ(Domodedovo)空港へ向かうタクシーの中のこと。連日の寝不足から何度も寝落ちしてしまっていた。起きた瞬間にふと”携帯がないかもしれない”と思い、ポケットを探ったらiPhoneの存在を確認できた。

この時しみじみとiPhoneがあってよかったと思ったのだが、これが最後の確認になるとは流石に予想できなかった。今思えばこのしみじみ感が前フリだったのかもという気もするけど…。

その後車内が非常に暑くなっていたので上着を脱いで足元に置いた。何故足元だったかというと、3列シートの車につめつめに乗っていたからでそうしたのも無理はなかった。

紛失を認めるまで

空港に着いたぞと起こされた瞬間、慌てて降車した。上着を手に掴んだまま降りた後、上着を着ながらバックパックを背負いつつ、タクシーが走り去っていくのを見送った。

そこから建物に入るまでの間の道で、あるはずのズボンポケットの中にiPhoneがないことに気が付く。それでも2つあるうちのどちらかの上着のポケットにあるだろうと考え、歩きながら全てのポケットを探していくが見つからない。

 

鼓動が早くなっていく。

 

建物の入口でリュックを置いて本格的に探すが見つからない。

 

まずい!!!タクシーの中か!!??

 

まずは直ちにタクシードライバーと連絡を取らねばならない。
でもどうやって!?連れに聞いてもタクシーと連絡が取れるわけなんてないと。
この状況、かなりまずい。なぜならもうフライトの3時間前を切っているからだ。
連れの中にタクシーを手配した人の連絡先を知っていたのですぐに連絡してもらう。

 

出ない。こんな時に出ない・・・・

 

気が気でないため、迷惑だとは思うが、数分ごとに携帯を借りて電話をする。

15分後くらいにやっと繋がり、タクシードライバーと連絡が取れたら折り返してくれることになった。シート3列目の一番左の座席周辺を見てほしいと伝えて探してもらうよう依頼した。

緊迫の伝言ゲーム

5分後に折り返しかかってきたが、パッと見た感じ、ないという返答であった。パッと見ではなく徹底的に調べたいのでお金を払うから空港まで戻ってほしいとお願いできないか伝えてみたが、既に次のお客さんのオーダーがあるから不可能だという返事があった。

本当にタクシーの中にないのか、そんなバカな・・・降車後空港入口までの道でスラれた可能性もゼロではない。誰とも話していないし不審な人物と接触した憶えもない。

この時点で、例え携帯が見つかったとしてもロシア滞在中に回収できる見込みはなくなった。業務終了後にもう一度チェックしてその結果を連絡してほしいということだけ伝えて絶望的な気分のままチェックインした。

“iPhoneを探す”はどうだ?

出発ロビーに入ってから“iPhoneを探す”の機能が使えるか試す余地があることに気がつく。GPSだけでデバイスを捉えるのなら検出できるかもしれない。

またまた申し訳ないと思いながらも同行者のポケットWi-Fiを借りて手持ちのラップトップPCを起動した。

しかし残念ながらiPhoneはGPS受信だけではダメでオンラインである必要があった…。今回のロシア滞在は約5日間のみであり、ほぼWi-Fiのある1か所の建物に滞在していたため現地のSimに差し替えておらずオフラインのままになっているのだ。

もうやれることは全てやった・・・帰国後にiPhoneが見つかればよいが、そのハッピーケースでさえしばらく日常で携帯無しという地獄を味わうことになる。もう携帯の回収は諦めて、前の状態にどうやって復元できるかについて意識を向けていくの方が賢明だ。

バックアップは取っていたか!?

思えばこのところバックアップを取った覚えがない。最後に取ったのがいつだか思いだすことに集中してみたが、iCloudへのバックアップがしばらくされていないというアラートがうるさいのでそれをOFFにしたことくらいしか思い出せない。つまり絶望的だ。数か月前に戻ってしまう可能性が高まってきた。

食べ物も喉を通らずしばらく放心状態だった。機内でうなだれていたのをCAに発見され、体調不良との判断で強制的にCAエリアに連れていかれてしまう・・・

そんなことにもありながら空の旅は続く。17:15モスクワ発のフライトで、翌朝8:35成田空港に到着となった。このまま帰宅した瞬間午後出社するというハードプランだったが、Apple StoreでiPhoneを買うチャンスは今しかないかもしれない。

Apple Storeへ直行

成田エクスプレスで新宿まで向かい、Apple Storeに駆け込んだ。あと2日後にはiPhone11が出るというタイミングである。2日待てばいいかというとそういうわけでもない。予約殺到のため2,3週間待ちになってしまうとのこと。そんなに携帯無しの生活は成り立たないので今iPhoneXなりを買うしかない。「iPhone11が出るのでお安くなっていますよ!」と言うので価格表を見せてもらったが、たった1万円程度しか違わない。しかし選択肢がないのでiPhoneXSの256GBを購入することを決意する。

SIMカードの再発行

購入したはいいが、SIMカードがなくては魂が吹き込まれない。SIMカードごと紛失しているため新たに入手する必要がある。近くのLINEモバイルを調べて駆け込んだ。

そこで告げられたのは残念なお知らせ。再発行は最短でも2営業日かかるということである。もちろん同じ電話番号を利用したいので待つしかなかった。

一筋縄ではいかない状況のため、午後出社は諦めて携帯のトラブル発生ということで突発で仕事を休む連絡をする。

復元までの道のり

帰宅後、1か月半前にiTunesにフルバックアップしていたことを発見する。予想していたより軽傷だったが、復元してみて致命的な事態に気づく。LINEのログが復元されていないのである。調べてみたらなんとLINEのログ(トーク履歴)はiTunesのフルバックアップに含まれないようだ。しかしLINEアプリとしてバックアップされているサイズを見るにデータとしてはログが含まれている気がしてならなかった。今までも機種変更をしたときにLINE独自のバックアップを使った覚えもないのでその疑いは強まった。(独自のバックアップを意識しなくても引き継げるのは正規の手順で引継ぎ手続きをした場合に限ることが後の調査でわかった)

調べてみると、iTunesのバックアップからLINEログを抽出するサードパーティソフトがあるようだった。やはりデータとしては存在するのだ!

タイトルとURLをコピーしました