システマ体験記~1日目~

システマ

ロシアの軍隊格闘術システマ

思えばここ数年間、仕事以外の定常的な活動をしていない。
例えば、スポーツや習い事などのことである。
なのでシステマの体験をしてきた。
あくまで初めて体験に行った人視点の感想およびメモであることにご留意頂きたい。

システマとは、ロシアの伝統的な武術と健康法を軸に、ロシアの特殊部隊の軍事専門家が現代武術に昇華させたものらしい。もともとこういうものに興味はあった。

システマロシア語Системаラテン文字転写Systema)は、ロシア武術軍隊格闘術近代戦における様々な状況を想定した実戦的格闘術として、近年注目を集めている。その歴史的背景と技術的特徴から、一般向けのセミナーでは護身術として整備されたプログラムを用いて指導されている。そのため2017年時点では競技格闘技ではない。

徹底した脱力と柔らかな動作が特徴。その形態からロシアの合気道と呼ばれることがあるが、システマはリャブコ家に家伝として伝わっていたロシアの伝統武術を源流としている[1]

ナイフ棍棒拳銃突撃銃などの武器に関する攻防技術が多く盛り込まれている。これはロシア伝統武術全般の共通理念である全局面戦闘、白兵戦における生存性の向上などを色濃く受け継いだものと思われる。

Wikipediaより

10年程前にコマンドサンボ道場の門戸を叩いた遠い日が懐かしい。

コマンドサンボ体験記
https://raysway.net/2020/11/09/experience-2/

今回は何がキッカケか忘れてしまったが、システマの道場がごくごく近所に存在することを知ってしまったため、ちょろっと単身乗り込むことにした。

某スポーツセンターにて初回体験

道場と書いたが、普通の市町村のスポーツセンターで練習は行われていた。

「初めまして!RAY(実際は名字を名乗る)です。」

携帯を手に指定の場所である大体育館前に威勢よく参上する。
2人の冴えなそうなおっさんが廊下の隅に座り込んでいる。

「はい、こんばんは。お座りください。」

お座りくださいって廊下の地べたやん(笑)と思いながら座ると、さっそく紙を渡された。

「よく読んでサインして。」

A4一枚の雑な同意書であるが、要約すると“怪我をしても自己責任”ということである。
サインしている途中におっさんが1人増える。

書き終えると、軽く自己紹介してと言われたので3人に対して軽く挨拶をした。

「えー、ホームページ見て来ました。この街に来て5年になります。RAYです。」

「あ、歳は36です。よろしくお願いします。」

 

しーん・・・

 

(〇〇と同じ関西人で××に来たパターンだね。)ボソボソ・・・などの感想が聞こえる。
そして向こうの自己紹介は皆無のまま質問が始まった。

「何かスポーツやってましたか?」

「いえ、特に継続的にやっているものはありません・・・。」

「体力に自信は?」

「そんなにありません・・・。」

「今日は見学?やってみる?」

「ぼちぼちやってみようかと思います。」

「しんどくなったら抜けていいからね。でも黙って帰っちゃだめですよ。」

「はい・・・」

黙って帰られた前例でもあるのだろうか。
会話が終わると事務所にお金を払いに向かう。
体育館使用料各々260円が必要らしい。

支払いを済ませ、いよいよ体育館の中へ移動する。
中には卓球をしている人、バドミントンをしている人、男女でワイワイ楽しそうにスポーツしていた。その間を縫うように歩き抜ける。

隅っこまで到達すると、リーダーのおっさんが1人のエースっぽい人に問いかけた。

「システマの4原則は?」

「えっと、、リラックス、、呼吸を整えて、姿勢を正して、、あと何でしたっけ?(笑)」

リーダーが早口で補足説明する。でもよくわからず、え?今4つありました??と質問してしまったりしたが、以下である。

システマの4大原則

  1. Keep breathing (呼吸し続ける)
  2. Stay relaxed (リラックスを保つ)
  3. Keep straight posture (姿勢を真っ直ぐ保つ)
  4. Keep moving (移動し続ける)

確認を終えた後、呼吸をしながら歩き続けるトレーニングが始まる。

呼吸と歩行のワーク

まず、呼吸は鼻から吸って口から吐くのが基本。左足1歩だけ歩いてそのタイミングで1回吸う。右足を出したタイミングで1回吐く。それをしばらく繰り返した後、2歩歩く間で吸い続け、2歩歩く間で吐き続けるというように呼吸と歩数の関係を変えていく。しばらくすると3歩、4歩と徐々に増やしていく。

タイトルとURLをコピーしました