インド旅行記~0日目~ニューデリー

ニューデリー インド
ニューデリー

プロローグ

幼馴染のSと、この9月にインド旅行に行くことになった。自分は理系の大学院1年生で、Sは通称防水屋さんと呼ばれる土木関係の何でも屋をやっている。Sとは幼馴染と言っても幼稚園、小学校ではよく遊んでいたが、中学生でS君がヤンキー化してしまったのでそれ以降はあまり遊ぶことはなくなっていた。

この年で社長とは凄いものだ。仕事が入れば過酷な労働を集中して行い、その後仕事が終われば長期間はお休みというスタイルだったので、3週間ほど休みを取ることができるらしい。自分の方はと言うと、研究室に入ってはいたが、今なら3週間逃亡しても何とかなる気がした。学生の時にしかできない経験をしておくべきと考え、多少無理をして時間を確保した。

何故だか忘れてしまったが、自分が大学へ進学した頃からまた連絡を取り合うようになっていた。確か大学三年生の頃だったか、海外へ2人で行こうという話で盛り上がり、タイへ行くことになっていたのだが、自分の方に不幸ごとがあってほぼ前日にキャンセルしてしまった。

その時S君は初海外でひとり旅になってしまい、半泣きになりながら日本を発ったが、後日刺激的な大冒険になったという話を聞かせてくれた。その後自分も卒業旅行でタイへは行った。だが、まだまだバックパッカー的なアジア貧乏旅行に慣れているとまでは言えない。

それから2年経ったわけだが、あの時のリベンジということで、今度こそ2人で旅に出ようということになったのだ。もちろん2人とも行ったことがないところがよかったので、かねてから興味があったインドを行き先に選んだのである。

集合場所に現れない・・・

前日に冗談で言っていたことが現実に起こってしまう。

「携帯を持たないで待ち合わせって怖いな。」

「会えなかったら空港で会おう。」

笑ってそう言い合っていたものだったが、実際にSが来ない。
集合場所は大阪梅田のロケット広場で7時20分に着いた。
約束の時間は7時30分だ。ところがいくら待っても来ないのである。

8時にはここを出ないと危険だなと思い始め、50分になった時点で痺れを切らした。
実家に電話して置いて来た自分の携帯の中からSの電話番号を探してもらおう。

公衆電話から実家にかけると弟が出て、無事Sの電話番号を入手することができた。
すぐさまその電話番号にコールする。

しかし、コール音は虚しく鳴り続ける・・・

時計を見るともう8時をまわっていた。

(仕方ない・・・1人で行こう。)

冗談じゃなくそう決意した。まあ空港で会えるだろうと。
切符を購入してホームへ入り、しばらくすると後ろから肩を叩かれた。

Sである。

「久しぶり。ちゃんと会えたな。」

ケロっとしている。何事もなかったように。

「え?何で!?ロケット広場は!?」

そう聞いてみると、

「5分遅れたからもう行ったかと思って・・・」

 

衝撃的な発言である。

 

何がって、Sは一度も待ち合わせ場所であるロケット広場に行っていないのだ。やれやれ・・・先が思いやられる。

今後はぐれるようなことがあったら、ウロウロ探したりせずに2人が最後に一緒に居た場所に戻ってじっとしていることというルールを作った。

何はともあれ合流することができ、空港行きの電車に乗れたのはよかったが、何やらSの様子がおかしい。やたら咳をしていて辛そうな感じである。聞けばものすごく風邪をひいているとのことだ。やれやれ・・・大丈夫かよ。

「弱った身体でインドなんか行ったら恐ろし気な病気にかかるよ。」

「俺はあんたみたいに弱くないから大丈夫。」

そうですか・・・

でも正面でそんなに咳をされたら移りそうだよS君・・・

関西国際空港から台北へ

関西国際空港は初めてだ。成田空港とそう変わるわけでもないけど。
ささっとチェックインして飛行機に乗りこむ。

うとうとしていたら台北で着陸したようだ。

ん、台北?

なんで?行き先は香港だったはずだ。航空会社はキャセイパシフィック航空だし。給油なのかトラブルかのかわからないがみんな降りている。英語も中国語も聞き取れず、寝ていたので日本語もよく聞き取れないままに、理由も分からず荷物を持って降りる。

降りてしばらく歩いていると、まわりは自分たち2人しか居なくなっていることに気づく。

「あれ?何で誰もおらんの?」

「え?そう言えばなんで台北で降りてんの?」

「もしかして降りたらダメだったんじゃ・・・」

狼狽え始めたその時、台湾のCAたちが歩いているのが見えた。
チケットを見せながら恐る恐る聞いてみる。

タイトルとURLをコピーしました